スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□映画□ The Monuments Men

Movie_Line.jpg

『The Monuments Men』



The Monuments Men
↑ IMDbからお借りしました。










Line_Dot.jpg

映画レビューの前に、
皆様には大雪になった山梨の実家の両親を心配したコメントを頂き、
本当にありがとうございました。

母から「何とかやってるよ~」と連絡があり、
どうにかこうにかやっておるようです A´ε`;)゚・゚

国にも山梨県にももっとテキパキと対策を立てて
対応してもらいたいものですが、
(山梨県庁は大雪に対して対策本部も作ってないと言う噂は本当でしょうかっ!?)
日頃の山梨県の感じでは、まぁ~まんつ無理そうです

NHKも山梨の報道をあまりしていないので、
こちらからでは様子がよくわかりません。
(オリンピックなんて中継してんじゃねっ!ヽ(#`Д´)ノ

ばあちゃん、大丈夫かな~?

Line_Dot.jpg











春が来たのかと思うほどポカポカと暖かかった3連休
映画「The Monuments Men」を観て来ました。







この映画は、世間ではほとんど知られていなかった
第2次世界大戦中にドイツのヒトラーがユダヤ人や個人コレクターや教会から
奪って隠し独占しようとした数々の彫刻や絵画などの芸術作品を
取り返して元のオーナーに返還しようと試みた
アメリカ人エゲレス人フランス人教授や建築家や修復師のお話(実話)です。








私たちはいつも、ガラガラに空いていて割安の午前中に映画は観に行くのですが、
今回のこの映画、午前中の第1上映を観に行ったのに
ものすごく大勢の人で席も端っこにしか座れず、驚きました。
(しかもじいちゃんばあちゃんばっかす…)
ど、ど、どうしちゃったんでしょうか?
(そんなに人気そうでもなかったのになぁ~)








ジョージ・クルーニーが監督・脚本・主演、
出演している俳優もマット・デイモンやビル・マーレイやジョン・グッドマンと
強烈に間が面白い役者ばかりが集まった映画なので
面白くないわけがないと思っていましたが、
思っていた通り、めちゃくちゃ面白かったです。



そして、この映画を観た後、
これから美術館などで見る芸術作品へ対する見方がガラっと変わるなっ。
と、思える大変素晴らしい映画でした。



なぜなら、この映画を観て、
「第2次世界大戦中に失われてしまっていたかもしれない
大変価値のある彫刻や絵画やモニュメントを命がけで守ろうとした人がいた」
と、いう事を知ったからです。










(↓ 以下、ネタバレしています)










Madonna of Bruges
↑ Wikipediaからお借りしました。





↑ これはベルギーのブルージュにある「Madonna and Child」という
ミケランジェロによる彫刻で、ナチスによって奪われてしまった物の1つです。

そして、この彫刻を守るためにThe Monuments Menのメンバーであった
イギリス兵の
Donald Jeffries氏が命を落としました。
(この彫刻は無事にThe Monuments Menにより教会に返還され
現在もベルギーのChurch of Our Ladyで見ることができます。)





この映画を観て、
この彫刻をブルージュへ行って観てみたい。
と、思いました。
だって、この彫刻はある1人の人間が命をかけて守った彫刻なんですから。





それから、劇中でThe Monuments Menのリーダーでもあったフランク・ストークスが
『 You can wipe out an entire generation, you can burn their homes to the ground,
and somehow they’ll still find their way back.
But if you destroy their history, you destroy their achievements, then it’s as if they never existed.
That’s what Hitler wants, and that’s exactly what we’re fighting for.』

と、言っていたのも大変印象的でした。





芸術を守るために命をかけて戦う。

↑ こういうのにもろに弱いワタクシでつ(汗)





実際にあった話しをコミカルに描いたこの作品、
賛否両論あるようでIMDbでの評価も★6.5と低く残念なのですが、
私は深く感銘を受けた作品でした。



それに、ビル・マーレイとボブ・バラバンが言うセリフが
イチイチ面白くて、館内ではみんな爆笑でした。







それにしてもこの映画の邦題…「ミケランジェロ・プロジェクト」だなんて、
ドえらく酷いタイトルをつけられたもんです。

「ミケランジェロ・プロジェクト」って、一体どういう意味でつけたんでしょうか?
まったくもってミケランジェロのプロジェクトじゃ~ないし。

この酷い邦題のせいで観たいと思う人が減るような気が…










あぁ、そうそうそれから…。

映画が公開になる前に出演している役者がプロモーションで
色々な番組に出てインタビューを受けたりするのですが、
Jimmy Kimmel Liveに出た「The Monuments Men」のキャストが
あまりにも面白くて、私はこの放送をオンデマンドで3回も観てしまいました。










↑ アメリカでは、超有名なマット・デイモンも
最後の最後にやっと呼ばれてキンメルにガン無視され、
座るスペースもなくって「子供の椅子にでも座っとけ!」と言われ、
終いにはミャットがゲイ役で話題になった「
Behind the Candelabra」の
トンデモナイ白いパンツ姿でぶちゅ~まで披露されて、
(本当に大爆笑なのでYoutube、マジで観てくださいっ!)
その後のビル・マーレイのコメントなんて気が利きすぎてるし、
他の役者もキンメルとグルになってマットをいびる…って言う


一流なハリウッド俳優というより、お笑いタレント的な扱いです(爆)


こういうのを観れるのが、アメリカに住んでいる唯一の得。
な、気がします(笑)

(ちなみにキンメルとミャット、友達です)

















映画「The Monuments Men
Rating [7.0]
★★★★★★★☆
ジャンル:実話/伝記/ドラマ系
出演:マット・デイモン
ジョージ・クルーニー
ジョン・グッドマン
ビル・マーレイ
ボブ・バラバン
ケイト・ブランシェット


関連記事
Theme: 映画レビュー | Genre: 映画

コメント

No title

山梨、、ほんとたいへんなことになっているみたいですね。マロンスキーさんのご家族、、なんとかやっていらっしゃると聞き良かったけれど、はやくちゃんとした対応してもらわないと。。
自衛隊の派遣を拒否したりとか、考えられないですが、、こういうときって指揮をとる人の対応が後手に回りがちなのがいつものパターンですものね。。
早く大まかなラインが通るようになるといいですね。


映画
キンベルの番組めっちゃ楽しいですね〜〜2回見ちゃいました〜Behind the Candelabraっこちらも興味津々 私も見たことなかったわ〜(笑 
うふふ ミケランジェロプロジェクト?ぜったいみにいこう〜〜
4月ですね!!
私は、今月からのアメリカンハッスルも楽しみにしているんですよ〜〜
最近は、こちらのレビューでほぼ見るものが決まっているような気もします。マロンスキーさんのおすすめナイスですっ

2014/02/18 (Tue) 16:51 | eichan #- | URL | 編集
No title

おミャットはいじめられ役ですか?^^;
オ~マイガ~~~!! マンマミア!! 白パン姿がエロい~~!!^^;

まったく「ダヴィンチ・コード」にタイトルではりあおうとしたのでしょうか?
「ミケランジェロ・プロジェクト」・・・ 日本受けを狙いすぎて、なんかむずがゆくなります。

私はみるかどうかわからないけれど、マロンスキーさんにとっては役者さんたちといいストーリーといい
最高だったみたいでよかったですね^^

2014/02/19 (Wed) 01:35 | オランダみやげ #- | URL | 編集
>eichanさん

eichanさん、こんにちわ~。

> 山梨、、ほんとたいへんなことになっているみたいですね。
実家周辺は雪も除雪してもらえたようで、なんとか仕事にも行っているようなのですが、
心配なのはばあちゃんの住んでいる超山奥なのですおー。昨日電話したら積雪は屋根まであるよ~とか言ってました。
除雪車が足りないとかで自衛隊の方々が手で除雪をしてくださっているそうなのですが、孤立している早川町の中でも一番奥にある部落なのでまだまだ除雪作業の手は届いてないみたいです。

> 自衛隊の派遣を拒否したりとか、考えられないですが、、、
Σ(-`Д´-ノ;)ノ?! ナ、ナ、ナンデスッテ!?
自衛隊の派遣を拒否!?
一体誰が拒否してるんでしょうか?
まぁ~山梨は国賊が多いですからねぇ~。史上最低な政治家も沢山出した山梨県。(_ _lll)ァハハ…

> キンベルの番組めっちゃ楽しいですね〜〜2回見ちゃいました〜
> Behind the Candelabraっこちらも興味津々 私も見たことなかったわ〜(笑
 
この「Behind the Candelabra」と言うのは、HBOのTV映画だったんですよ~。
だからHBOに加入している人しか観れなかったんですが、主役のマイケル・ダグラスは主演男優賞を獲りまくりましたー。ちなみにおミャットはそのマイケル・ダグラスのボーイフレンド役(爆)

> うふふ ミケランジェロプロジェクト?ぜったいみにいこう〜〜
> 4月ですね!!
> 私は、今月からのアメリカンハッスルも楽しみにしているんですよ〜〜

しっかす、「ミケランジェロプロジェクト」なんて酷いタイトルですよね~。
ひーどーすーぎーーー。
でも、内容は邦題と関係なくものすごく面白いのでおススメです。
「American Hustle」は始まってすぐが大爆笑シーンなのでクリスチャン・ベール様にご注目ください♪

コメントありがとうございました!

2014/02/19 (Wed) 12:35 | マロンスキー #TTM2yvWU | URL | 編集
>オランダみやげさん

オランダみやげさん、こんにちわー。

> おミャットはいじめられ役ですか?^^;
> オ~マイガ~~~!! マンマミア!! 白パン姿がエロい~~!!^^;

爆笑ですよねっ、あのシーン。
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

そもそも、キンメルとマットの喧嘩は11年くらい続いておりましてー、
去年マットがキンメルの番組をハイジャックしたんですが、その時キンメルを縄で縛り付けて口もネクタイで締め上げて、、、
で、今度はキンメルがマットにリベンジっと(笑)
あのレイトショウは「Damon Returns」なんて呼ばれてて、再放送までされるくらいでしたから、よっぽど面白かったんだと思いますわ~。

> まったく「ダヴィンチ・コード」にタイトルではりあおうとしたのでしょうか?
> 「ミケランジェロ・プロジェクト」・・・ 日本受けを狙いすぎて、なんかむずがゆくなります。

あぁ~~、、、そういうくだりがあったんですかーーー。
それにしてもひどすぎますね、この邦題。
そういえば、他にも邦題が酷い映画ってありますよね~。
マットの「We bought a zoo」とか確か「幸せへのキセキ」とかいう邦題で、全く意味ワカリマセン。
あの映画、マジデホントに動物園買っただけ。の映画だったんですがーーー。
あと、私が大好きなビル・マーレイの「Groundhog Day」の邦題は確か「恋はデジャブ」だったような…
ひどすぎて文句も出てきません(笑)

コメントありがとうございました♪

2014/02/19 (Wed) 12:52 | マロンスキー #TTM2yvWU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。