スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本帰国の旅③ ~西伊豆 堂ヶ島:2日目~ 2012/12/24

Pola1.jpg 西伊豆 堂ヶ島の旅② Pola2.jpg





西伊豆の旅2日目もすっきりと晴れて気持ちの良い朝でした

まずは朝食前にお風呂へ直行~





Nishiizu1.jpg 





露天風呂からはこの3つの島「三四郎島」が見え、
波の音が心地の良いお風呂でした。








朝食を食べてホテルを出た私たちは、堂ヶ島より少し南にある松崎町へ向い、
日本隋一の漆喰芸術の美術館「長八美術館」を訪れました。



↓ こちらは長八美術館の正面。

Chohachi1.jpg 





「伊豆の長八」こと入江長八は、伊豆松崎で生まれた江戸の左官職人としては前後に比類ない名人で、
伝統の左官技術を生かした長八の漆喰の芸術作品がここには展示されています。




左官技術を生かした芸術と聞いてもピンとこないかと思うのですが、
この長八さんの技術&作品、あまりにもスゴ過ぎて
こんなブログ記事のひとコマではお伝えできません



もんのすごく簡単に言うと、いくつもの小さな鏝(コテ)を巧みに使い分け、
左官技術で絵を描き、その描かれた絵はいまで言う3Dになっているんです。

それも、とてもとても細かく・・・
ルーペで拡大して見ないとわからない細かさで・・・



この「長八美術館」、本当に素晴らしいので西伊豆へ行く機会があったら
是非行って下さい!
行くと入江長八というおっちゃんがどんだけすごい人だったかわかります。






Chohachi2.jpg 
                            ↑ こちらは正面入り口の裏側


長八美術館の建物そのものも、建築家の石山修武という人が建てた、
「江戸と21世紀を融合させた建物」として世界的な建築物なんだそうですよっ。










そして、この繊細な漆喰の芸術作品をルーペ片手に見て回った後、
さらに細かくて、ただただおったまげた「土肥象牙美術宝庫」というところへ行きました。
(ここではあまり写真を撮らなかったので掲載できませんでした~)

もう開いた口がふさがらない、素晴らし過ぎる象牙の美術作品が見れる
土肥象牙美術宝庫」については こちらをクリック してHPをどうぞ♪









↓ こちらは土肥の旅人岬

Nishiizu2.jpg 





西伊豆は地味だと思っていましたが、
世界レベルの芸術作品を見ることができる隠れアートな所だったのですね~。

「長八美術館」も「土肥象牙美術宝庫」も本当に素晴らしいところでした。

すんばらしい芸術作品に触れて脳もいっぱい使った私たちは、
お腹が空いたので通りがかった鰻屋でうな重を食べ、 実家への帰路に着きました。





あっ、そうそう。途中で寄った干物屋ですが、
こうやって干物屋の前には西伊豆郷土名物の「鰹の塩漬け」や
「秋刀魚のみりん干し」なんかが干してありました。

ShioKatsuo_20130110055019.jpg 

Mirinboshi.jpg 





こういうのを見ると、「あぁ~日本に帰ってきたな~。最高だなぁ~」と、
しみじみ思うのでありました。











次回からの日本滞在記は(きっと)地元ネタで~す










スポンサーサイト
Theme: 静岡県 | Genre: 地域情報

日本帰国の旅② ~西伊豆 堂ヶ島:1日目~ 2012/12/23

ポラ1 西伊豆 堂ヶ島の旅①  ポラ2  






12月23、24日と1泊泊まりで両親が西伊豆 堂ヶ島へ旅行に連れて行ってくれました。




実家のある山梨も、自宅のあるコロラドも、
どちらも山に囲まれた地域で海を見ることは出来ないので、
久々に見た海に「海だぁ~海だぁ~!」と感激しました





Dogajima1.jpg 



↑ ここから「洞窟巡りツアー」の船が出ているのですが、
強風で海のうねりが強く、遊覧船は欠航

そもそも旦那くんがその洞窟めぐりをしたいと言うので
西伊豆の旅を選んだのですが、
肝心な洞窟巡りツアーが欠航で残念でした






という事で、堂ヶ島は遊歩道を歩いて散策することに ↓

Dogajima2.jpg 

Dogajima3.jpg 






残念ながら下から眺めることの出来なかった天窓洞は、
上から眺めました~。





Dogajima7.jpg 








遊歩道を一通り歩いた後は、
加山雄三ミュージアムを無視し、その上にある「らんの里」へ行ってきました。



この「らんの里 堂ヶ島」
本当にすんばらしかったです

何十種類ものランが美しく咲いていましたが、
管理もよくされており、見たことのないランがいっぱいありました。
おまけに、施設もものすごく広くて大満足なスポットでした。





Ran no sato photo 








咲き誇るランを眺めながら最上階までのぼると、
「花鳥の丘」というのがあり、立派な吊り橋までありました。


 Tsuribasi.jpg
(前を行く父ちゃんと母ちゃん)



この吊り橋、「ラブコールブリッジ」という名がついてるそうな。
この吊り橋は伊豆で一番長い吊り橋なんですって~。
そして吊り橋を渡った先には恋人の聖地」。



「らんの里 堂ヶ島」は思った以上に面白くて長居してしまい、
この吊り橋から見た夕日がとっても綺麗だなっと思ったときには
もう夕方の4時を過ぎており、海に沈む太陽をホテルから見たいが為に、
慌ててここからホテルへ戻ったのでした~










無事にホテルに到着して部屋から見る夕暮れが綺麗でした~。

Dogajima4.jpg 










最後になりましたが、堂ヶ島温泉ホテルの夕食はこちら~。

Dogajima6.jpg

 Dogajima5.jpg



この他にも金目鯛姿煮、アワビの酒蒸焼きや伊豆ポーク?だっけな?)などなど、
本当に食べきれないほどのお料理でした。









と、また明日 西伊豆の旅2日目に続く~










Theme: 静岡県 | Genre: 地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。